読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sue's Blog

元不登校が伝えたい気持ちや日々思っていることを綴ります

私の両親の話。

こんにちは!すーです。

昨日は、横浜まで長旅をしてきてまぶぃーずの発起人であるしーちゃんと共に

いばしょクラブの代表の阿部さんにまぶぃーずの相談をしに行きました(*๓´˘`๓)

阿部さんとは初めて会うので、とても緊張しました。。。

でも、人柄がオーラとして滲み出てたのかとても話しやすかったです(ノ*°▽°)ノ

とても、いい経験になったのは間違いないのですが親にかなり怒られたのでしょぼん(-﹏-。)としてます。

今日は、愚痴になっちゃいそうですが親の話を書かせてもらいますm(*_ _)m

 

協力的じゃない私の両親。

今、高校生のうちからプロジェクトを立ち上げたり、意識高いことをやってるキラキラしてる高校生の両親は活動することに対してかなり協力的だと思います。

お金に余裕があったり、私立の中高一貫に通っていたり、マックブックを持っていたり…

そんな高校生たちが意識高いキラキラしたことをしているイメージがあります。

そんな高校生に交えて活動することは楽しいんですけどやっぱり格差を感じて辛いです。

 

私の家はそこまで裕福ってわけではないし、私自身も私立でもただの通信制に通っていて、マックブックなんかそんなそんな!っていう感じです。

そして、一番は私がこういうプロジェクトをすることに親がいい顔をしないってことです。

青春基地に入るときもかなり反対されて、それを押しきって入りました。

だから、まぶぃーずとして活動することもあんまりよく思っていません。

 

かなり怒られたのだが。

昨日、帰るのが遅くなるって伝えるのが遅くなって怒られました。

私も悪いことしたなって思ってるし、事後報告も良くないことを知ってるから反省しています。

でも、すごく色んなことを言われて、一番大事にしている事をボロクソに言われて、泣くにも泣けず、逆ギレもできず、無の状態でしか聞くことができない状態でした。

 

「お前に何かあって、怒られるのはお前じゃなくてパパママなんだ。」

「娘の教育がなってないとママが怒られて、そんなママを育てた母方のおばあちゃんも謝んないといけなくなるんだ。」

「変な噂たてられて、ここで住めなくなる。」

「こういう活動したいなら、親の保護下から外れた歳になってからやってくれ。」

 

私じゃなくて自分たちの世間体が大事なんだなぁって思いました。

前々から思ってたけど、やっぱり辛くて…

今も、泣きながら書いてます。

でも、もう親が求めているにはなれないと思うのです。

 

自分らしい私か、親が好きな私か。

親が好きな私は、スタンダードな世界でテストで高得点とったり、笑顔で学校に行って、友達とワイワイしてるそんな私です。

いい子でいることが当たり前で、親がそれを望んでいたのが小さい頃から分かっていたのでその頃から、いい子でいようと思って過ごしていました。

だから、自分らしく生きることがなかったのです。昔から心がモヤモヤするのも分かっていました。

それに疲れたこともあって、不登校になりました。

不登校になって、何度も心で葛藤し続けて、問いただして、悩んだ末に「自分らしく生きるを大事にする」ことを決めました。

だからこそのまぶぃーずだし、今、活動をしています。

その思いを否定されることは、私にとって私の思い全てを否定されることだと思ってます。

でも、もう、自分らしく生きれないことに慣れたくないのです。

だからといって、両親のことを嫌いだとは言えないのです。

 

だから、辛いし、どうしたらいいか分からないでいます。

フリーズです。何にもできなくて、無の状態にしかなれませんでした。

 

だから、なんとか、それも克服したいです。

克服したいこといっぱい増えました。

少しずつ、頑張ろうと思いました。

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

 

今日は、愚痴ばっかりでごめんなさい。┏○

でも、読んでいただいて嬉しいです。ありがとうございます(*๓´˘`๓)

 

▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ すー

 

同情はいらないのです。

こんにちは!すーです。

 

今日は、前の通っていた学校のお友達と美味しいものを食べに行くのでワクワクしています…(*¯︶¯♥)

(確実に太るなぁ笑笑笑)

 

久しぶりに会うし、こんな感じで地元の友だちと遊ぶのも久しぶりなので、めいっぱい楽しみたいです!

 

まぁ、今日は思ってる気持ちを書きたいと思います。。。

テーマは同情についてですん。

 

プロジェクトの友だちと話したこと。

数ヶ月前、私はLGBTsの事を知り、LGBTsの人のために何かアクションを起こすお手伝いがしたいと思って、友だちがやってるLGBTsの認知を広める団体に入りました。

その友だちとそのプロジェクトをどう進めていくかの話をした時に

「私は可哀想だって思ってもらうために活動してる訳じゃない。」

って話をしました。

私も、あー、確かになぁと思いました。

同情ってなんだか、されると怖い気持ちになります。

(私だけですか?)

いつまでたっても、可哀想な子って思われるのがなんだか辛いです。

友だちは、ウザい。と言っていました。

ウザい。と言いたくなるのもすごく分かります笑

 

過去じゃなくて今を。

私がこうやって、未だに不登校に執着しているのは

まだ、不登校の時につけられた傷が癒えてないから

って言うのもあながち間違ってはないんですけど

不登校時代の私と今の私との比較

をしてもらいたいからです。

不登校時代は引きこもりで現状から逃げてばかりだったけど

今、不登校だとは思われないほど、いろんな活動に参加しています。

 

こんなに不登校でもクズでも落ちこぼれでもここまで出来るんだぞって知ってもらいたいんです。

 

不登校暗くて、クソニートで、死にそうって思ってる人が多い中で

不登校の私がこんなに出来るんだぞって皆さんに見てもらうことで

何かが変わっていくんじゃないかと思いたいのです。

 

だから、同情はいらないのです。

 

過去を見て、「辛かったね」って言うのは簡単な事だけど

それはレッテルを貼り付けられるような気がします。

それが重くて怖い存在になってしまいます。

いつまでたっても可哀想な子というレッテルを貼り続けられるのは重いです。

 

今の私を見てもらいたいんです。

 

不登校時代があったけど、

こんなにキラキラできていること!

いろんな活動に挑戦できていること!

笑えていること!!!

だから!!

不登校だからって選択肢が少なくなるわけじゃない。

不登校だからってお先真っ暗ってわけじゃない。

 

こんなしょぼくれた人間で申し訳ないけど、

こんな気持ちや思いを感じとってもらうために

私はここで何かをしています。

 

過去じゃなくて今を。

今の私を見てもらうために、ここにいます。

 

だから、同情はいらないのです。(2回目)

 

 

突っ走ります。

これからも、ここで私がこんなに出来るんだぞってことを知ってもらうために

どんどん突っ走っていきます。

たまに休んだり、方向転換したりすることもあるけど

もっと突っ走ります。

今はまぶぃーずにいっぱい力を入れています。

そこで、私もみんなも輝けるように

いっぱいいっぱい突っ走ります。

疲れるまで進みます。

 

 

もうこれ以上、後ろ向きには進みたくない。

だから、前を向いて

突っ走っていきます!!!

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(*_ _)m

このブログを読んだ皆さんと時間を共有できて嬉しいです┏ ( ┓ .-. )┓チーン

 

▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥ ▧ ▦ ▤ ▥すー

 

 

 

 

心にハマる私に。

こんにちは!すーです。

四月からJK2になりました。

時というものは残酷ですね…(´・ω・`)

大学受験を考えさせられる時期になって、そしてBBAになったと感じさせられて…

「老い」というものを感じる年頃になりました笑笑笑

 

はい。今日は最近、思ってることを書きたいと思います。

 

どれが私?

最近、N高に新しい後輩というか仲間が入ってきたので自己紹介をしたいなって思って自分のことを考えるようになりました。

私は何なんだろう?

とか

私ってどんな人間なんだろう?

って思うことが増えて、考えてもわかんなくて。

心がもやぁっとしてます。

未だに本来の自分に戻れていなくて、本当の自分がどんな人間なのかわかってないのです。

明るい私、真面目な私、泣き虫な私、クレイジーな私。

全部、私なはずなのに私じゃないようなそんな感じで生きています。

心の中で私が何人もいて、いろんな私が起きたり寝たり、そんな感じなんです。

全部、私なんだけど、どれも本当の私じゃないような気がして。

モヤモヤしています。

 

みんなが私で、でも私じゃない

心の中のみんなが私として生きているのに、どの私も私じゃないような気がして。

心のハマるところに、どの私もぴったりハマってないんです。

どこかにスキマがあったり、どこかが窮屈だったりするんです。

でも、みんなにとってはそんな私が私なんだと把握しているから

私も、心の中にいるみんなが私だと思って過ごしています。

明るい私も、真面目な私も、泣き虫な私も、感受性が高い私も、根暗な私も、怒りっぽい私も、クレイジーな私も、今の私も。

私と接してくれている人は、どんな私でも、私として見てくれているので

どんな私が出てきても、外面は私だと思うようになりました。

 

どれも私。私は私。

だから、どんな私も私だと言えるようになりました。

でも心にハマる私に出会えてないから、出会うまではモヤモヤが続くだろうし、モヤモヤで生涯を終えるかも知れません。

また、心が歪んでしまって本来ハマるはずの私がハマってないと感じているのかもしれません。

私自身が心のハマってるところを見ることが出来ないからどうなってるのかわからないけど、ハマってないと感じているからきっとそうなのかなと思います。

だから

心にハマる私に出会えたらいいなぁ

ありのままの私として生きてみたいなぁ

と思います。

何がありのままなのかはよくわからないけど、きっと心のモヤモヤが消えれば自然とわかってくるのかなと思います。

 今、私がやりたいことをやって、自分に正直になれば

いずれ、本当の私がやって来てくれる

ことを信じてみたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(〃・д・) -д-))ペコリン

この記事を読んでもらうことで私と時間を共有してもらえた事が嬉しいです(*¯︶¯♥)

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥すー

新プロジェクト始動!!

こんにちは!すーです。

 

東京にちょくちょくぼっちで遊びに出てくるのにも慣れてきました!

人酔いにはまだちょっと慣れてないけど、大きな進歩です!!笑

人がいっぱいいる場所にも慣れて、いい感じに都会に染まってるんじゃないかなと思います笑笑笑

(あとは、地下鉄を乗りこなせれば完璧なのだが…)

 

はい! 今日は池袋でとある人と会ってきました!

その時のお話です( ๑・ิω・ิ๑)و グッ!

 

不登校のプロジェクトやろう!
いばクラのオフ会が2月にあって、その時に仲良くなった同い年の友達とずっと何かプロジェクトというかイベントを企画したいよね!って話をしていました。

んで、その時の主催だった方とも、何かプロジェクトがしたいね!と言うことを話してました笑

みんなと共通で話していたことは、不登校の合宿を企画したいということでした。

だから、その子と主催の方をくっつけました!笑 

LINEで大まかな軸となることを話して、あとは実際に会って話そうと言うことになりました。

その後、いばクラのオフ会で出会った年上のお姉さまもチームに加わって、今の体制になりました!

企画の段階からプロジェクトに関わったことがないので、ドキドキでだったけどワクワクしていました!

 

楽しいミーティングの時間!
主催の方、オススメのオシャレなカフェに連れてってもらっておしゃべりしました笑

ご飯が美味しくて、幸せでした(*´﹃`*)

私が通ってるN高のことを話したり、今やってること、不登校時代のことをおしゃべりしてました。

年齢はそこそこ離れてるけど、友達と話してるくらい気軽に話せました(๑´ლ`๑)フフ♡

ご飯を食べ終わってから、まともなプロジェクトの話をしました。

団体名とか、どんなコンセプトで活動するのかとか、合宿はどんな人を集めるのかとか色々、話しました。

3時間ぐらいぶっ通しで喋ってましたね!!

大人も子供も関係なく、フラットな関係で意見を出せたのがすごく心地よかったです。

普段、大人と話す機会があっても、フラットというか対等に話せる機会があんまりなかったので

対等な立場で話せるのはとてつもなくうれしかったです。

だから、このプロジェクトで頑張れそうな気がしました。

 

そんなこんなで誕生しました!
 
まぶぃーず!!
 

はい! 楽しいミーティングの末、誕生したのがまぶぃーずです。笑

 

不登校のマイナスなイメージを払拭したいなぁ

・生きづらい→生きやすいにシフトチェンジできるようになりたいなぁ

・自分自身に帰る場所を作りたいなぁ

 

そんな思いで作ったチームです。

チームのみんなが不登校を経験して、たくさん辛いことを経験してきました。

だから、上のような思いが人一倍強いし、みんなが自分らしい自分でいることを大事にしてくれるメンバーです。

そんな優しいメンバーと共に生きづらい子と一緒に活動していくプロジェクトを始動します。

大変だなぁと思うときも、辛いなぁと思うときも、嫌だなぁと思うときもあるかもしれません。

みんながいるから、きっと何とかなると思います。

まぁ、最年少メンバーだし、若い力を存分に使って頑張っていきたいです!笑笑笑

 

おいおい、準備ができ次第、まぶぃーずの紹介もしていきたいと思うので!

今後共にまぶぃーずとSue's Blog←←をよろしくですm(*_ _)mm(*_ _)m

 

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥すー

 

これからも。

こんにちは!すーです。

 

今日、青春基地のプログラムの最終報告会に参加してきました。

 

人数も少なくて割と緊張しないで、発表出来るかも!って思ったけど、やっぱり緊張しました…笑

 

でもいろんな人から労ってもらったり、感動したって言ってもらえて、頑張ったかいがあったなぁと思える時間でした。

 

そんな時間をこのブログを読んでくださる皆さんとシェアしたいなと思います(*¯︶¯♥)

 

この4ヶ月でやったこと。

この4ヶ月、青春基地の新プログラムでいっぱい突っ走ってきて

いろんな思いを持って、自分のプロジェクトに取り組んできました。

 

やっぱり一番は、お菓子パーティの企画です。

なにか、企画することは初めてですごく不安で仕方がなかったし、本番を迎えるまでとても緊張していたけど

当日に参加してくれた人の笑った顔を見て企画してよかったなぁと思いました。

企画には、私だけではなくいろんな人が協力してくれました。

青春基地の事務局の人はもちろん、地元の友達、学校の友達いろんな人のアイデアがつまったものになりました。

関わってくれた人全てに感謝だし、彼らがいなければこのパーティを開催することができなかったといっても過言ではないなぁと思います!

 

そして、もう一つは私の不登校記を寄稿したことです。

不登校のことを書いても、当事者や当事者の親のような不登校を身近に感じている人にしか読まれないと思ってました。

でも、本音は普通に学校に通ってる人はもちろん、学校に関わる全ての人に読んでもらいたいものでした。

だから、いろんな人に読んでもらって、いろんな人から感想をもらったことが何よりも嬉しいことでした。

辛かったけど、不登校だったからこそ私のアンアンディティが確立したと思ってるので、不登校が悪いわけじゃないんだぞって伝えることが出来るきっかけになれたんじゃないかなと思います。

そして、リアルの世界で不登校のことを話そうと思える力になったと思います。

寄稿したことは私にとってとてつもなく大きくて特別な経験になりました。

 

これが終わりじゃない。

私は今までやってきたことをここで終わりにする気はありません。

何度も続けることで意味があると思っているし、もっともっと楽しいことがしたいので!

ここまで本気でやりたいことをずっと追いかけてきて、本当に何か自分の中で変わった気がしました。

だから、もっと不登校の子が笑顔になれたり、キラキラできる社会を作る社会にちょっとでも変えていく活動をしていきたいし

お菓子パーティだって、関東だけじゃなく全国各地を回ってみたい!

だから、ここで終わりにするわけには行きません!笑笑笑

人とのつながりは一生モノだし、出来ることならたくさんの人と繋がって仲間になりたいです。

だから、私はこれからも人と繋がる活動を続けていきます。

ひとりじゃ何も出来ないけど、きっとなんとかなると思ってます。

私もみんなも1人じゃないんだって思いたいし、思えるようにしたいです。

だからこれからも失敗ばっかりかもしれないけど、もっと突っ走っていけたらいいなと思いました。

 

*⑅︎୨୧┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎୨୧⑅︎*

最後まで読んでいただきありがとうございました(ノ*°▽°)ノ

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ すー

不登校記を寄稿して。

こんにちは!すーです。

今日は2回目ですかね??笑

 

最近は高2になるってことで、女子力高めたいと思ってます。笑

綺麗な言葉遣いだったり、ヒール履いて綺麗に歩くとか…(´・ω・`)

ちょっとずつ、女子力高めていけたらなぁと思います笑笑笑

 

今日は、3/9に青春基地で公開された私の記事について書きたいと思います(´-ω-)ウム

 

こんなクズがいいんだろうか。

私は、はっきり言ってクズのような人間です。

毎日人に怯えながら生きてるし、自分ひとりじゃ何も出来なくて、ネットの世界でしかこんな風に自分の意見すらまともに言えない…

そんな人間です。

でも、不登校記を書いて不登校が悪いわけじゃないってことを伝えたくて…

でもやっぱり、ネットの世界でしか自分の意見を言えない小心者だし、文章だって全然上手く書けないんです。

初めて、Facebookでこのブログの紹介をした時

いつもお世話になってる青春基地の事務局のお兄さんからコメントをもらいました。

「青春基地に寄稿してみようよ!」

私はとてつもなく嬉しくって、寄稿することをすぐに決めました。

でも、こんなクズみたいなのが書いたところで意味ないんじゃないかなって少し思ってる所もあって。

とても不安でした。

自分の思いを全部ぶつけた最高傑作を書いたつもりでした。

でもやっぱり、

事務局のお兄さんに記事を出した後も、OKもらった時も

すごく不安で怖かったです。

 

公開された。感想が来た…!

公開されてからずっとドキドキしてて、

青春基地のウェブサイトに飛んで初めて自分が書いた文章が青春基地の記事になっていて

…とても感動しました。

Twitterでも騒ぎまくって、部屋の中でも騒いで、騒いでも騒いでも、ドキドキが止まらない。そんな状況でした笑

Twitterのリプから、読んだ人から感想が次々届いて、嬉しくて嬉しくて泣きました。

泣きながら返信しました。笑

この下手くそな文章を読んででも、何かを感じてくれている人がいると思うと

なんだか嬉しくて、伝わることが嬉しくて…

書いてよかったな、辛い不登校時代を過ごしてきたけどそれがやっと人のためになったんだなぁって思いました。

青春基地のメールアドレスに直接、感想を送って来てくれた人もいて、すごく感動しました。

私の思いが伝わったんだなと思える瞬間でした。

 

今。何かが変わった。

私の不登校記が世の中に公開されてもう3週間ほど過ぎた今でもドキドキが止まってないです。

それほど、特別で私にとって大きな思いを持って取り組めたものだったのかなと思います。

クズ人間がちょこっとでも変わることができたのかなと思える瞬間がありました。

最近、不登校の子のための活動をしようと考えるようになりました。

元々、頭の中にあったものなのですがようやく動かす気になりました笑

何かこの記事を寄稿することで勇気が出たし、何かしら私にも感じるものがあったのかなと思いました。

これからもこのブログなり、リアルの世界で発信するなりして、不登校のマイナスな部分を取り除いたり、不登校がもっとキラキラできる社会になるような活動ができたらなと思いました。

それもやっぱり、私ひとりじゃ何もできないけど、仲間や支えてくれる人がいるからきっと大丈夫だと思います(*´艸`)

 

さぁ、もっともっとキラキラできるように頑張っていきましょう💪( ¨̮ 💪)フンス

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(✽︎´ཫ`✽︎)

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤    すー

バイト辞めたから愚痴りたいでごわす。

こんにちは!すーです。

この間、バイトを辞めてきました笑笑笑

 

早くね!?って思う方が大半だと思います。

私も早いなと思います!!←

 

まぁ、理由はいろいろあるんだけど、理由の一つは俗に言うブラックバイトによく似ていたからです笑

 

こんなこと、私のブログでは書かないのですが、N高のブログの先輩であるせーた先輩のリクエストがあったので書きます!!笑

 

えっ、バイト辞めても、制服返すんじゃ…?

んなもん、知らんわ!! 愚痴らせてくれ!!

はい。愚痴ります(´∀`*)ウフフ

 

夢が壊れました。

私のバイト先は結婚式場でした。

私はそこの披露宴の料理をお出ししたり、お客様にサービスをするホールスタッフとして採用されて、働き始めました。

研修は三日間。 お皿の持ち方、料理の出し方、かたし方、ワインの注ぎ方、サービストレイの持ち方、パンの配り方を学びました。

その後、どんな風にサービスしてるのか見学する日があって制服と栓抜きなんかを持って見学しに行きました。

 

ところが!!!

見学する暇は全くなく、普通のスタッフと同じくらい働かされました。

その日は婚礼が入っていたので、感動するんだろうなぁと思ってたけど、感動する暇もありませんでした。

バイトの募集にはこんなニュアンスの事が書いてありました。

みんなが笑顔になれる特別な場所で感動があります!皆さんも笑顔で働くことができますよ!

→→感動する暇もないし、笑顔で働いたことないよ!!!

はい。私のふわふわした夢はバイト初日で砕かれました。

 

10時間働いて、1分も休みがない

これはどうなんでしょうか??

私はバイトするのが初めてでみんなこんなものかと思っていました。

でも、10時間働いてるのに1分も休みがないっておかしくないですか???

結婚式場はとても忙しくて、休みが取れないのはわかります。

でも!水分補給する時間くらいあってもいいんじゃないでしょうか!?!?

労働基準法でも、

使用者は、労働者に対して、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務を負っています(労働基準法34条1項)。

となっています。

休憩がないのはおかしいですよね??

私のシフトの中で1番過酷だったスケジュールでも書きましょうか…(´・ω・`)

 

10:00~14:00/ 一回目の婚礼の準備&サービス&片付け

14:00~17:00/隣でやっていた2回目の婚礼のサービス&片付け

17:00~20:00/宴会の準備&サービス

20:00~/ 解放。

 

大まかに書いてこんな感じです。婚礼と婚礼の間とかも休憩はないです。

飲み物やちょっとした食べ物を持っていったとしても、飲み食いする時間もないので、口に入れずそのまま家に持って帰ってきます。

こんな状態が続いてて、体力的にも精神的にもキツかったです。

私たちのことをなんだと思ってるのでしょうか?

感情を持たないロボットかのように扱ってる感じがします。

このまま、働き続けてたら、マジでロボットみたいになって精神崩壊してたんじゃないかと思いますね。(´・ω・`)

 

先輩がギスギスしてるし、いじめ方が陰湿。

とにかく先輩がギスギスしてて、職場の空気が悪かったです。

最近、職場に来ていない人や最近、辞めた人のことをグチグチ陰口を言っていてかなり、気分が悪かったです

ワイングラスを磨いたり、お皿を拭いたりしている時、いろんな人が集まっておしゃべりします。

それだけだったら、私もおしゃべり好きですし全然問題ないですよ?

でも、口開くごとに陰口のオンパレードでそれしか喋ることないのか?と思いましたし

かなり怖いし、気分悪いし、最悪でした。

先輩が嫌っている人が同じシフトで入っていた時は、みんなで無視したり、ヒソヒソ陰口を言っていました。

何故か新入りの私もその人を無視することを強要されて本当にイヤでした。

その人はその日を境に見なくなりました。

そんなことをする先輩に

「すーちゃんはここ辞めないでね?」

なんて言われましたが、ぶっちゃけそんなことをする先輩と一緒に働きたくないです。

 

 

はい、まぁこんな感じです。

 

なんか、シフトの組み方が高校生だと思われてないんじゃと思うくらいハードワークでしたし、そのせいでちょくちょく体調も崩しがちだったので、辞めちゃいました!

 

あとは、始めた当初から、いろんな人にバイトのことを話すたびに

「辞めたほうがいい。」

と言われてきたのもありますね。

 

まぁ、最初のバイトがブラックバイトのようなバイト先でついてないなぁって思いますがその教訓を生かして、またぼちぼちバイトをやるかどうか考えたいなぁと思います。

 

散々愚痴ったし、これがバイトの人にバレたらかなりヤバいのは確実だけど…

もう辞めたし、何言っても私の勝手だよね!?

 

 

はい。最後まで愚痴に付き合っていただきありがとうございました(´-ω-)ウム(´-ω-)ウム

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥   すー