読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sue's Blog

元不登校が伝えたい気持ちや日々思っていることを綴ります

私ってなんだろう??

思うこと

こんにちは!すーです。

昨日、バイトの面接をしにいきました!!

バイトの面接が決まってから、服装やら、場所やらいろいろ考えてわぁ~ってなって

面接前はガチガチに緊張してたのに、拍子抜けするくらいあっという間に終了…!

だから、時間が出来たので街をブラブラしたりオシャレなカフェや美容院をチラ見したりして過ごしました(*´`)♡

楽しかったです(ㆁᴗㆁ✿)

今日はぼーっとしていた時に思ったことを書きたいと思います(*´艸`)

テーマは私ってなんだろう??です。

 

私ってなんだろう??

ぼーっとしてても、していなくても、常に考える内容なんですけど

いくら考えても答えがでない問いだなと思います。

 自分のことってわかっているつもりでも実は全然知らないし

まわりの友達にすーってこんな人だよね!なんて言われても、自分ではそんなことないと本当に思ってしまうし

自分のことってわからないことだらけやなぁと感じる今日この頃です。

高校受験の面接で「自分の長所、短所は?」

なんて聞かれても、当たり障りのないことを言ってみたりして

普段の学校生活でも、クラスメイト一人ひとりに対して性格を変えていたりして

自分のことがあまりにもブレブレ

自分のアイアンディティなんてないとずっと考えていました。

よくないかも...って思っても解決策なんてないしなぁと思ってほったらかしにしてきて今に至ります笑

きっと、ブレブレの原因は性格を偽り続けてきた学校生活にあるような気がして

今になって止めとけばこんな奴になってないだろうなと思います。

 

性格を偽り続けたあの時

私は普通の学校に通ってきたおよそ9.5年間(不登校期間も含む)性格を偽り続けてきました。

なんか、学校の人に嘘をつき続けているような気分になって胸がきりきりする学校生活を送ってきました。

まぁ、そのうち慣れるだろうとほっぽらかしても、慣れることはなく、毎日違和感に押し潰されそうな日々でした。

性格を偽り続けるといろんな弊害が生じるんでしょうね...

私自身が精神的に歪みましたし、素の自分の性格が家出しました。

今も性格を偽らなくていいのに、 素あった性格が私の中に存在しないので性格を偽らざるおえない状態になってしまいました。

ぶっちゃけ、今も、すごく生きづらいです...

最近は素の自分が帰ってきて、少しずつ自分らしい?毎日が過ごせているような気がしますが

まだまだ全然、生きやすくなったわけじゃないので微妙です笑

「素の自分が家出したってことは、偽っていた性格が素の自分になったんじゃないの?」

って思う方も、もしかしたらいるかもしれません。

私もそうだと思っていました。

...でも、心が違和感を感じているような気がして

偽りの自分が更に偽りの自分に違和感を感じる?みたいな歪みまくっている世界にいました。

そんな違和感に押し潰される直前で自分の心が壊れた?感じになって

いろんなことが空っぽになりました。

今考えるとあの頃はマジでヤバいと思います。

こんな状況だったから、こんなにブレブレな私になったと思います。

 

ずっと迷うんだろうなぁ

いつになっても、私ってなんだろう??の答えはでないんじゃないかなと思います。

私の心は思った以上に複雑になっていて、ほどくのがかなり難しいのです...

そして、大人になっても自分のことを実はよく知らない人って結構多くて

それを思うと普通に難しいことなんだなぁと思いました。

しかも他の人の顔は何もしなくても見えるけど、自分の顔って鏡を見なきゃ見れないじゃないですか。

だから、それと同じで自分について考えるのって他の人のことを考えるよりも大変で

知らないことだらけなんだなと思いました。

 

そんなことを考えるとどこかの誰かが言っていた言葉を思い出しました。

自分が一番身近な他人

今まで雰囲気でしか理解することがなかったけど、今思うと本当に理解ができたような気がします!

 

だから当分、いや一生、私ってなんだろう??の答えはでないだろうし、でたとしてもでたことを知らないままなんだろうなと思います。

でも、そのことを一生かけて考えることが生きることなのかなと思いました。

 

私ってなんだろう??の答えはでなかったけど、また考えてそのときにまた悩めばいいやと思いました。

 

 

 

 

 

ブログを読んでくださってありがとうございます(*´艸`)

このブログを通して私と時間を共有して下さったことが嬉しいです(ㆁᴗㆁ✿)

 

 

∞----------------------∞    ∞----------------------∞    すー