ちーちゃんのブログ。

元不登校が伝えたい気持ちや日々思っていることを綴ります

夢を還るキャンパス

こんにちは!ちーです。

(ちーになってもここは変わらないスタイル笑)

 

今日は青春基地 高校生編集部として取材に行ってきました。

最近は緊張でガチガチに震えるのではなく、楽しみでワクワクする気持ちの方が強いので楽しいです笑

 

まぁ、世間話はさておき、本題にまいりましょう笑

今日は私が最近始めた新しいプロジェクトについてのお話をしたいと思います(* ॑꒳ ॑* )⋆*

 

居場所をつくりたい

いつも私が言ってることと変わらないんですけど

居場所がほしい

っていう単純な理由で始めたんです。笑

 

5月下旬、青春基地で一緒に取材に行ったり、ミーティングをしている友達からLINEが飛んできたんです。

「私、教室作りたい。」

私はその時に、自分がやりたいプロジェクトを思い出しました。

「今、苦しい子が場所的にも精神的にも帰ってこれる居場所を作りたい。」

 

詳しくはお話できないけど、彼女も元々、小さい頃から苦しい思いを抱えて、本当に辛い気持ちを持って過ごしてきました。

でも、今、一緒に青春基地の編集部としてキラキラ輝いている姿を見て

「彼女と一緒に居場所を作れたら、最高だな」

って感じました。

 

彼女のマイナスの感情を持っていたけど、今、こうやってキラキラできる力強さに私は惹かれたのです。

 

だから、一緒に頑張りたい、成長したいって感じたのです。

 

夢を還るキャンパス

そのLINEを貰って3日後に、そのプロジェクト初めてのミーティングをしました。

本当に何もないところからはじめたので、不安や怖い気持ちでいっぱいでした。

 

双方のこのプロジェクトに対する思いや気持ちをぶつけ合って、その時に名前を決めました。

 

夢を還るキャンパス

~白からはじまる唯色ストーリー~

 

私は、かえるってことを大事にしたくてすっごく推しました笑

 

いろんな意味でかえる場所ってすごく大事なんです。

もし、家や学校、身近な場所に居場所がなくても外の世界にでれば、たくさんの居場所の選択肢があることを感じてほしいんです。

私が初めて青春基地に行った時に感じた思いを、昔の私と同じように苦しい思いを持つ子供に感じてもらいたいんです。

あわよくば、夢キャンがその選択肢の一つになりたいんです。

 

そして、笑顔で夢を語れる場所になったら最高に素敵だなって感じて、って文字を入れてもらいました笑

 

また、みんなの個性を尊重できる居場所、たくさんの可能性に染まれる居場所でありたいという私達の願いをこめて

この名前になりました!

 

みんなと成長したい。

私はもちろん、一緒にプロジェクトをしている彼女にも

怖い思い、トラウマ、乗り越えられないもの

いっぱいあります。

 

強く生きれなくてもいいじゃん!

マイナスからのスタートでもいいじゃん!

いっぱい傷ついてたっていいじゃん!

 

私たちもマイナスからのスタートです。

だから、みんなを導いていくのではなく

みんなと一緒に成長していきたいって思っています。

 

一緒に笑顔で夢を語れる、夢を応援できる…そんな居場所でありたいです。

 

今、どん底にいるけど、前を向きたいんだ夢を叶えたいんだキラキラしたいんだ

そんな思いを全力で応援する、背中をおせる居場所でありたいです。

 

私には、人を惹き付ける魅力もなけりゃ秀でた才能もありません。

でも、人の思いを大事にしたい、人の辛く苦しい気持ちをわかる人間でありたいって強く思っています。

 

私がどんなことが出来るのか、まだよくわかってません。

みんなの力をいっぱい借りるかもしれないけど、何も出来ないかもしれないけど

私は強くありたいから、成長したい。

って思います。

 

もし良かったら、応援よろしくお願いします!

皆さんの思いや気持ちが私の強い原動力です(* ॑꒳ ॑* )⋆*

 

夢キャンFacebookhttps://m.facebook.com/yumecam/

夢キャンTwitterhttps://twitter.com/yumecam_0618?s=06

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もー、最後、めっちゃ厚かましい奴になっちゃいましたね笑

夢キャンのFacebookTwitterもどんどん発信出来たらいいなって思うのでぜひフォローとかしてやって下さいm(*_ _)m

 

やっぱり、こういうの書く時って泣きながら書いちゃうんですよね…

電車の中で泣きながら書いてました笑

あー、強くなりたーい!!!笑

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ちー