ちーちゃんのブログ。

ノーマル高校生がいろんなことを感じて書いてくよ~

言葉の存在。#ちーポエム

言葉は私にとって、唯一の味方だった。
言葉は私にとって、大事な仲間だった。
言葉は私にとって、共に時間を過ごす親友だった。
言葉は私にとって、ずっとそばに居る家族だった。

 

話して伝えることの出来ない私は、言葉に出会った。
話して伝えられない私は、書いて伝えるというツールを手にいれた。


どんなときも、言葉は私の人生に色をつけてくれた。
楽しい時には、言葉はずっと近くで笑いかけてくれた。
苦しい時は、そばで支え続けてくれた。
孤独だと思う時も、言葉は私に大事な気持ちを思い出させてくれた。

 

アイスクリームも、チョコレートも、可愛いお洋服やアクセサリーも何も要らない。
ペンと紙さえあればそれでいい。
当たり前のように言葉がそばにいれば、それでいい。
私は何度もそう思った。

 

寝食をあと飛ばしにして、何度も何度も言葉を綴り続けた。
なによりも一番最初に、言葉を綴り続けた。


言葉が私に語りかけてくれる。
「あなたはこんな気持ちなのよね。」
頭に浮かんだとおりに、言葉をつらつらと綴っていく。


なにかを忘れてても、言葉を綴ることだけは絶対に忘れることはない。

 

言葉を綴り続けることは、私にとって「生きる理由」だった。
私の人生には、ずっと言葉を綴ることしかなかった。
私は、きっとずっと言葉を綴り続けることしか出来ない。

 

私にとって、言葉の存在は大きくて大事な存在だから。

 

だから、私はずっとずっと言葉と共に生きていく。

それでも構わないって、今は思うよ。