読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sue's Blog

元不登校が伝えたい気持ちや日々思っていることを綴ります

私の原点はきっと不登校。

こんにちは!すーです。

暇すぎて、気付いたらお昼寝してしまってやりたいこと全然出来ていないことに気づきました。

暇だからこそ、出来ることって何だろうと考えながら毎日を過ごしています笑

バイトもそろそろ始めたいし、不登校の記事も書きたいし、プロジェクトも考えることいっぱいあるし…

やりたいこといっぱいありますね。でも、ゆっくりやっていこうと思います笑

今日のお話は久々に不登校のお話をしたいと思います。

 

Facebookでグループに入ってみた

青春基地で高校生向けの起業家の勉強会に出かけてる人が多かったので、

「そういった情報ってどこで手に入れてるの??」

と聞いてみました。

すると大体の人は

Facebookの高校生のグループにいると情報が手に入れられるよ」

と言っていたのを思い出したので、私も入ってみようかなぁと思ってFacebookを久々に開いてみました。

Facebookって高校生がやっているイメージがあんまりないので、高校生のグループがあることに結構驚きました笑

その高校生のグループに入会?申請をしたのですが、一向に承認されないので不登校のグループはないかな?と調べてみました。

実際の不登校の子供たちだけのグループはなくて、不登校の子を持っているお母さんや私のような元不登校が入っているグループがあったので

入ってみることにしました。

あっさり承認が来たので挨拶をすると、すごく歓迎されてちょっぴり嬉しかったです。

やっぱり大人の人が多いイメージで、私のような高校生は少ないように思えました。

そんな時ふと思いました。

私は私の言動がちょっぴり不思議に思えました。

なんで私はここまで不登校のことに執着するんだろう??

ブログやキャス、プロジェクト、青春基地の参加も全て不登校に結びついている気がする…?

 

きっと不登校が私のルーツだから?

今の私の考え方のルーツはきっと不登校時代に培った経験や味わった辛さ、感じた思いから全て来ていると思います。

だから、いじめられて自殺したり、学校に行けない子のニュースを見ると両親や友達以上に悲しい気持ちになったり憤りを感じたりします。

学校に行かないことで、いろんな人から白い目で見られたり、嫌味言われたりすることが多くて嫌だ。死にたい。と思うことが多かったけど、

その分、不登校精神疾患を患っている人、LGBTsなどの性的マイノリティを持っている人など、いろんなマイノリティを持っている人の思いをくみ取れるような人間になろうと思えるようになったし

そのマイノリティで生きづらい思いをしている人の為に出来ることがあればやってみようという気持ちになりました。

不登校の辛くてお世辞にも明るいとは言えない経験は私の原動力です。

私はただの学校に行けない不登校の人間だったけど、変わらなきゃと思うようになったのも不登校の経験があったからこそだと思っています。

今でも、いやいやながらにでも毎日学校に行っている人生を送っていたら

きっと、こんなにやりがいのあることが出来てないんじゃないかなと思います。

今はネットでしか、自分の意見を発信することが出来ないけど

もう少ししたら、リアルの私も実際の人の前で自分の意見を発信することが出来たらなと思います。

きっと、不登校の経験はマイナスだけじゃなくて、いやそれ以上にプラスになっていると思います。

 

あなたの傷を知恵に変えなさい

この言葉は私の好きな言葉の

Turn your wound into wisdom.

を日本語に翻訳したものです。

この言葉でいうはわたしでいう不登校という肩書きです。

不登校なんていうと、皆さんにとっては悪いイメージでしかないと思いますが

私にとって不登校の経験は私の原点であり、奮い立たせるものであり、私の原動力そのものです。

私の不登校の経験は今はまだ知恵といえるほどのものではないけど、知恵以上に大切なものになりました。

だから、これからも不登校について深く考えていきたいし、

考えるだけじゃなくて実際に行動に移して少しでも不登校の子が生きやすい世の中にしたいと思っています。

もちろん、いろんなマイノリティを抱えている人ともコミュニケーションをとって深く考えて行動を起こしたりして

マイノリティ側の人もマジョリティ側の人もみんなが生きやすい世の中になればなぁと思います。

そのためには、マイノリティを抱えている人についてもっと知らないといけないし

マジョリティ側の人の考えも知らないといけないと思います。

だから、めいいっぱい努力したいです。

そして

私は自分自身にそこまで社会を変えられるような大きな才能や力がありません。

アクションを起こすにはそれなりの力がないと難しいと思っています。

だから、まずは不登校やマイノリティについての勉強会に参加したり、不登校やマイノリティ向けに活動している団体に所属してみて勉強してみたいと思います。

 

 

…言いたいこと溢れすぎてぐちゃぐちゃで、またもや何書いてるかわからない…笑

今日の記事で伝えたかったことをまとめると

不登校の経験は私のルーツであり、原動力。

そして、これからも不登校について考えていきたい。

って感じですね!!

 

 

ブログを読んでくださってありがとうございます(*´艸`)

このブログを通して私と時間を共有して下さったことが嬉しいです(ㆁᴗㆁ✿)

 

∞----------------------∞    ∞----------------------∞    すー